コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

受刑者 ジュケイシャ

4件 の用語解説(受刑者の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅけい‐しゃ【受刑者】

確定判決に基づいて刑の執行を受けている者。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じゅけいしゃ【受刑者】

字義どおりには,刑罰を受ける者として,罰金等の財産刑やかつての身体刑などの対象者も含むが,今日では,自由刑の執行を受けている者をさすのが一般的であり,これに,死刑の言渡しを受けた者や労役場留置の処分を受けている者を加えて,有罪確定後に既決囚として刑事施設たる刑務所に収容されている者の総称としても使われる。この意味における受刑者に関しては,拘禁性の精神病や,刑務所文化などが問題となる。かつては,死刑囚はもちろん,死刑を減じられて使役に服した者も,社会的には死亡したものとみなされ,いわば全権利を剝奪されて国の手にゆだねられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じゅけいしゃ【受刑者】

判決によって確定した刑の執行を受けている者。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

受刑者
じゅけいしゃ

自由刑(懲役、禁錮(きんこ)、拘留)の執行を受けている者をいう。刑事収容施設法は懲役受刑者、禁錮受刑者、拘留受刑者の自由刑受刑者を総称して「受刑者」と定義している。これとは別に、同法は、(1)刑事訴訟法の規定により逮捕留置されている「被逮捕者」、勾留されている「被勾留者」、その他未決の者として拘禁されている者を総称して「未決拘禁者」とよぶほか、(2)死刑の言渡しを受けて拘置される者を「死刑確定者」とよび、受刑者・未決拘禁者・死刑確定者に対する処遇原則を別個に定める(刑事収容施設法2・30・31・32条)。なお、これらの者等を収容し、必要な処遇を行う施設のことを「刑事施設」といい、刑事施設に収容されている者を総称する場合に「被収容者」とよぶ(同法2・3条)。
 刑事収容施設法は、「受刑者の処遇は、その者の資質及び環境に応じ、その自覚に訴え、改善更生の意欲の喚起及び社会生活に適応する能力の育成を図ることを旨として行う」と定める(同法30条)。この処遇原則のもとに行われる処遇は「矯正処遇」と名づけられ、「作業(同法92・93条)」「改善指導(同法103条)」「教科指導(同法104条)」の三つの方法が用意されている。矯正処遇は、個々の受刑者の資質・環境の調査(処遇調査)に基づいて立てられる「処遇要領」に応じて行われるとともに、その効果的な実施を図るために必要に応じ受刑者は集団に編成され、処遇を受ける。
 処遇調査の結果、各受刑者には矯正処遇の種類・内容、各人の属性・犯罪傾向の進度から構成される「処遇指標」が指定され、これにより収容される施設と、本人にふさわしい矯正処遇の重点方針が決められることになる。
 受刑者には原則として特定の衣料・食料・雑具などが給与され、多くの受刑者は共同室で規則的な生活を営む。懲役受刑者には強制的に作業が科され、その他の受刑者は申し出により作業につく。作業には作業報奨金(賃金ではない)が与えられる。ただし、所内では金銭を所持することが許されないので、入所中は「計算高」として存在し、釈放時に手渡される(もっとも、自弁物品の購入、親族の生計の援助、被害者の損害賠償への充当など、一定の場合には、入所中でも使用することが認められる)。
 余暇時間には、読書、各種のクラブ活動、テレビの視聴、ラジオの聴取、宗教教誨(きょうかい)などをすることができる。接見(いわゆる面会)、信書の発信、入浴、調髪の度数、また髪型についても制約があり、禁酒禁煙である。健康保持のため土曜・日曜・祝日等を除き1日30分以上、できるだけ戸外で運動を行う機会が与えられる(同法57条)。あらかじめ定められた遵守事項に違反する行為など反則行為をした者には、懲罰が科されることがある(同法151条以下)ほか、逃走すれば刑法の逃走罪が適用される。
 ただし、受刑者は法的保護の外にある者(アウトロー)ではない。立場上、憲法的保障(集会・結社・居住移転・職業選択の自由など)が排除される場面があり、また、表現・通信・学問の自由などは、施設の管理運営、処遇の目的の見地から合理的に必要な範囲で制限されうるが、思想・良心・信教の自由などは、法律による制約も許されない、と解されている。受刑者に対する不当な人権侵害には、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法に基づく法的救済を求めることもできる。[須々木主一・石川正興]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

受刑者の関連キーワード犯罪少年扇腹刑人刑罰権刑余消日手形受取人真に受ける荷受け人バイブルベルト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

受刑者の関連情報