コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストラトスフィアタワー

2件 の用語解説(ストラトスフィアタワーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ストラトスフィアタワー

アメリカ合衆国・にある塔。1996年完成。高さは350m。ストラストフィアホテル内にあり、さまざまなアトラクションを備える。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ストラトスフィアタワー【ストラトスフィアタワー】

アメリカのネバダ州ラスベガスにある、ランドマーク的存在のタワーがあるホテル。同国西部で最も高い、地上350mのタワーを併設している。展望台の上を回るコースターがハイローラーで、塔の先端の地上276m地点から一気に48m急上昇し、急降下する。こうした刺激的なアトラクションを目当てに訪れる人も多いが、ネオンに彩られた夜景を眺めながら食事を楽しめるレストランも人気がある。コミカルミュージカルなどナイトショーも充実し、ゲストルームエレガントインテリアでまとめられている。◇現地名は「Stratosphere Casino Hotel & Tower」。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ストラトスフィアタワーの関連キーワードフーバーダムラスベガスネバダラスベガス 華やかなカジノの裏側ラスベガスマラソンリービング・ラスベガスザ-アドベンチャードームバレー-オブ-ファイヤー州立公園ボニースプリングスオールドネバダラスベガスのレッドロックキャニオン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ストラトスフィアタワーの関連情報