コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストルーエンセ Johann Friedrich Struensee

世界大百科事典 第2版の解説

ストルーエンセ【Johann Friedrich Struensee】

1737‐72
ドイツ出身のデンマーク政治家。精神障害のあるデンマーク王クリスティアン7世(在位1776‐1808)の主治医となり,1770年宮廷に入り,王妃カロリーネ・マチルデと情を交わし,同年枢密顧問会を廃止し,翌年自らが〈宰相〉となる。その地位にあった16ヵ月の間に約2000の法令を発布し,自ら啓蒙主義改革者として言論の自由,拷問の禁止等をはじめ政治的・経済的にきわめて自由主義的色彩の濃い政策を敢行した。19世紀の経済的・社会的改革の先駆者として歴史的には評価されてはいるものの,時代の被抑圧者らの理解も得られることなく,その独裁的性向,性急すぎる改革,王妃との不貞,デンマーク語の不使用が,宮廷・軍部内の反対者を結集させるところとなり,第1王位継承者フレゼリクFrederik(1753‐1805)やグルベアを中心とする反ストルーエンセ派によって1772年1月17日逮捕され,4月28日斬首された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

ストルーエンセ

生年月日:1737年8月5日
デンマークの政治改革者
1772年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ストルーエンセの関連キーワード生年月日北欧史

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android