コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主治医 シュジイ

デジタル大辞泉の解説

しゅじ‐い〔シユヂ‐〕【主治医】

共同で病人の治療に当たる医師の中で、中心になる医師。
かかりつけの医者

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅじい【主治医】

(何人かの医師の中で)主となってその患者の治療にあたる医師。
かかりつけの医者。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

主治医
しゅじい

本来は1人の患者を責任をもって診療する医師をさしているが、規模の大きな療機関では、ある患者を複数の医師が担当するという制度を有する場合もあり、これを主医制度とよび、主としてその患者の診療にあたる医師を主治医という。主治医制度を採用している場合には、主治医は指導医とつねにダブルチェックを行い、診断と措置選択にあたっては、誤りのない方法をとるのが通常である。主治医は、その患者に対しては第一義的な責任者であることは事実であるが、最終的には、医療機関の開設者がその責を負うこととなっている。[饗庭忠男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

主治医の関連キーワード膠原病の日常生活の注意について糖尿病の人の海外旅行の注意マタニティ・ブルー(ズ)宮廷女官チャングムの誓い核戦争防止国際医師の会ラム・バラン ヤダブ慈恵医大青戸病院事件産科オープンシステムドクターショッピングセカンドオピニオン医師に感謝する日オープンシステム地域包括診療加算ホームホスピス地域包括診療料臨床的脳死診断ストルーエンセ山本病院事件歯肉増殖症要介護認定

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

主治医の関連情報