主治医(読み)しゅじい

日本大百科全書(ニッポニカ)「主治医」の解説

主治医
しゅじい

本来は1人の患者を責任をもって診療する師をさしているが、規模の大きな医療機関では、ある患者を複数の医師が担当するという制度を有する場合もあり、これを主治医制度とよび、主としてその患者の診療にあたる医師を主治医という。主治医制度を採用している場合には、主治医は指導医とつねにダブルチェックを行い、診断と措置選択にあたっては、誤りのない方法をとるのが通常である。主治医は、その患者に対しては第一義的な責任者であることは事実であるが、最終的には、医療機関の開設者がその責を負うこととなっている。

[饗庭忠男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「主治医」の解説

しゅじ‐い シュヂ‥【主治医】

〘名〙 主となって治療を受け持つ医者。また、かかりつけの医者。
※金色夜叉(1897‐98)〈尾崎紅葉〉後「主治医も、助手も、看護婦も、附添婆も」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「主治医」の解説

しゅじ‐い〔シユヂ‐〕【主治医】

共同で病人の治療に当たる医師の中で、中心になる医師。
かかりつけの医者。
[類語]医師医者医家ドクタードクトルホームドクター国手女医名医藪医者侍医船医軍医学校医町医者開業医内科医外科医眼科医目医者歯科医歯科医師歯医者獣医御典医

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例