言論(読み)げんろん

精選版 日本国語大辞典「言論」の解説

げん‐ろん【言論】

〘名〙 語によって自分の思想を発表すること。また、その論。
※授業編(1783)四「言論(ゲンロン)に過激あるにより理に於て穏かならぬ事あり」
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉雑記「口もあれば筆もあるから颯々(さっさ)と言論(ゲンロン)して」 〔後漢書‐符伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「言論」の解説

げん‐ろん【言論】

口で言ったり文章にしたりして思想や見解を発表し、論じること。また、その論。「言論で対抗する」
「口もあれば筆もあるから颯々と―して」〈福沢福翁自伝
[類語]演説弁論遊説挨拶立会演説街頭演説スピーチテーブルスピーチ論ずる論議議論公論論弁論判談義あげつらう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「言論」の解説

【言論】げんろん

議論。〔後漢書、符融伝〕後太學にび、少府李膺に師事す。膺、風性高、融を見る(ごと)に、輒(すなは)ち他の客をち、其の言論を聽く。

字通「言」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android