コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストークス波 Stokes wave

1件 の用語解説(ストークス波の意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

ストークス波

水面を波形を変えずに伝播する有限振幅波。1847年にStokesによって渦無しの条件の基で展開形で導かれた非線型重力波。振幅が増すと、波の峯が尖 り、谷が平になって行く。しかし頂角120度以下あるいは波形勾配1/7以上に成ると碎波し、安定した波形の無いことが示される。波速も振幅と共に増加 し、最大波形勾配のとき、無限小振幅波に比べ約10%速くなる。水粒子の軌道は閉じず、波の進行方向に水が輸送される。このような非線型効果による実質部 の輸送をストークス輸送という。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ストークス波の関連キーワード孤立波ラム波無限小振幅波アーセル数浅水波クノイダル波孤立波(水の)クラッパー波ゲルストナー波重力波(水の)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone