スバシ古城(読み)スバシこじょう

世界の観光地名がわかる事典の解説

スバシこじょう【スバシ古城】

中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区、クチャ(庫車)県の県市クチャ近郊、チョルダク(確爾達格)山の麓にある、六朝時代の僧・鳩摩羅什(くまらじゅう)(クマーラジーヴァ)ゆかりの仏教寺院の遺跡。3~5世紀ごろの寺院で、「昭怙釐大寺」とも呼ばれる。シルクロードのオアシス都市国家・亀茲(きじ)国の最大の寺院遺跡。唐の僧・玄奘三蔵(三蔵法師)が「大唐西域記」の中に「一河水をへだてて二伽藍(がらん)あり。同じく昭怙釐と名づけ、東西相対す。仏像の装飾はほとんど人工を越ゆ」と記したとおり、クチャ川をはさんで東西にかつての寺院の遺跡(東寺区と西寺区)が残っている。20世紀初頭に日本の大谷探検隊が訪れ、仏舎利(ぶっしゃり)を発掘した遺跡としても知られる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android