スバールバル世界種子貯蔵庫(読み)スバールバルセカイシュシチョゾウコ

デジタル大辞泉の解説

スバールバル‐せかいしゅしちょぞうこ〔‐セカイシユシチヨザウコ〕【スバールバル世界種子貯蔵庫】

ノルウェー領スバールバル諸島スピッツベルゲン島にある食用植物のシードバンク。ノルウェー政府が100か国以上の支援を受けて2008年に開設。永久凍土層の地下130メートルに設けられた3棟の貯蔵庫に、約4000種93万品種の種子が冷凍保存されている。スバールバル全地球種子庫スバールバル国際種子保管庫SGSV(Svalbard Global Seed Vault)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android