コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スビャトスラフ Svyatoslav Igorevich

世界大百科事典 第2版の解説

スビャトスラフ【Svyatoslav Igorevich】

?‐972
キエフ・ロシアの大公。在位945ころ‐972年。イーゴリ大公の息子で,964‐971年にキエフを進発して,オカ川やボルガ川の流域,北カフカス地方やバルカン半島(ドナウ・ブルガール国)に遠征し,古代キエフ・ロシアの勢威を高めた。ビャチチ族を解放するため,トルコ系遊牧民ハザル族と戦うが,965年にはハザル・ハーン国と和約し,ボルガ・ブルガール国とも交戦と協調を繰り返した。またブルガール族やハンガリー(マジャール)人と連合して,バルカン半島を南下してブルガリア大遠征を行い,またビザンティン帝国とも対決して歴代皇帝を脅かした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

スビャトスラフの関連キーワードコンスタンティノス(8世)ウラジーミル1世(聖公)ニケフォロス(2世)ウラジーミル[大公]ヨハネス(1世)ヨハネス[1世]イーゴリ遠征物語イーゴリ軍記ヨハネス1世ハザール族ペチェネグシリストラオボーリンイーゴリ公オリガ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android