コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交戦 こうせん belligerency

翻訳|belligerency

3件 の用語解説(交戦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交戦
こうせん
belligerency

事実上戦争を行なっている状態のことで,国家間の場合だけではなく,事態によっては内乱も含められる。したがって,必ずしも宣戦布告を前提条件とはしない (朝鮮戦争ベトナム戦争印パ紛争などは,宣戦布告せずに交戦状態に入った) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こう‐せん〔カウ‐〕【交戦】

[名](スル)戦いをまじえること。互いに戦うこと。「敵国と交戦する」「交戦状態」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうせん【交戦】

( 名 ) スル
戦いを交えること。互いに武力をもって戦闘行為をすること。 「隣国と-する」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

交戦の関連キーワード交わす干戈を交える交戦国語を交える誠実膝を交える兵刃を交える砲火を交える交える交代

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

交戦の関連情報