コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交戦 こうせんbelligerency

翻訳|belligerency

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交戦
こうせん
belligerency

事実上戦争を行なっている状態のことで,国家間の場合だけではなく,事態によっては内乱も含められる。したがって,必ずしも宣戦布告を前提条件とはしない (朝鮮戦争,ベトナム戦争,印パ紛争などは,宣戦布告せずに交戦状態に入った) 。内乱に関しては,一方の集団が敵対する国家権力を,国家間の戦争と同じくらいに脅かしうる程度の勢力をもつ場合,この集団は当事国またはその交戦により利害関係が生じる外国によって国際法上「交戦団体」として扱われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐せん〔カウ‐〕【交戦】

[名](スル)戦いをまじえること。互いに戦うこと。「敵国と交戦する」「交戦状態」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうせん【交戦】

( 名 ) スル
戦いを交えること。互いに武力をもって戦闘行為をすること。 「隣国と-する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

交戦の関連キーワード干戈を交える戦時国際法軍事的幇助戦時禁制品捕獲審検所戦時封鎖自由船舶局外中立避止義務海上捕獲害敵手段公平義務戦時復仇非戦闘員交戦区域観戦武官非交戦者交戦法規全面講和群民蜂起

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

交戦の関連情報