コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スフェノフィルム Sphenophyllum

世界大百科事典 第2版の解説

スフェノフィルム【Sphenophyllum】

有節類の楔葉目に属する絶滅シダ植物の1属。デボン紀後期に出現し,三畳紀後期まで生き残ったが,全盛期石炭紀から二畳紀にかけた古生代後期で,汎世界的に広く分布した。小型の草本性植物で,茎枝ともに明らかな節間に分かれており,枝の先端に胞子囊穂をつける。茎はトクサ類のように中空になることはなく,そのため中心柱は髄がなく中心を占める正三角形の初生木部とそれをとりまく後生木部とからなる。節に輪生するくさび形の葉は通常は6枚で,トクサ類のように癒合して葉鞘(ようしよう)を作ることはない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スフェノフィルムの関連キーワード米谷植物群有節類

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android