コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スフェレータ スフェレータspherator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スフェレータ
spherator

吉川庄一 (プリンストン大学プラズマ研究所) が考案した,核融合研究用のプラズマ閉じ込め実験装置。1本の環状導体によってできる磁場に,ほぼ一様な逆向きの磁場を重ね合せ,この外部磁場に,環状導体の中心部に置いた直線電流で生じる円周方向の内部磁場プラスさせたような型の装置。プラズマが球に近い形になることから,この名がある。大河千弘 (アメリカのガルフ・ゼネラル・アトミックス社) の考案した大河トーラスとともに,基礎的なすぐれた成果をあげたが,いまではその歴史的役割は終り,主流は旧ソ連の L.アルチモビッチ (クルチャトフ原子力研究所) らの考案したトカマク型による高温高圧プラズマの閉じ込め方法に移っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone