コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スムートホーリー法 スムートホーリーホウ

1件 の用語解説(スムートホーリー法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スムート‐ホーリー‐ほう〔‐ハフ〕【スムート・ホーリー法】

Smoot-Hawley Tariff Act》1930年に米国のフーバー政権下で成立した関税法。1929年に始まった大恐慌の際、国内産業保護のため農作物など2万品目の輸入関税を平均50パーセント引き上げた。報復措置として多くの国が米国商品に高い関税をかけたため、世界貿易が停滞。恐慌を深刻化させたとされる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

スムートホーリー法の関連キーワード円筒状構造亜麻の種子岩非関税措置NTMメガソーラー非関税障壁BTNCEPT 計画CETNTB

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スムートホーリー法の関連情報