停滞(読み)ていたい

精選版 日本国語大辞典「停滞」の解説

てい‐たい【停滞】

〘名〙 同じところにとどまりとどこおること。物事がはかどらないこと。
※台記‐久安四年(1148)九月二二日「上問我朝故事、信西対之、無停滞
※太平記(14C後)二「事停滞(テイタイ)して」
※山科の記憶(1926)〈志賀直哉〉一「その事が自身の停滞した生活気分に何か溌剌とした生気を与へて呉れるだろう」 〔晉書‐虞預伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「停滞」の解説

てい‐たい【停滞】

[名](スル)1か所にとどまって動かないこと。物事が順調に進まないこと。「台風が南海上に停滞する」「業務が停滞する」
[類語]渋滞難航難渋停頓とどまる踊り場横ばい足踏みとどこおるぐずつく淀むもたつく支える手間取る凝滞結滞沈滞延滞遅滞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「停滞」の解説

【停滞】ていたい

滞る。〔晋書、虞預伝〕王塗()未だ夷(たひ)らがざるを以て、在停滯し、年を經(へ)、永く播植を失ふ。一夫さざれば、十夫無し。

字通「停」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android