スランガステーン(英語表記)〈オランダ〉slangensteen

デジタル大辞泉の解説

スランガステーン(〈オランダ〉slangensteen)

《蛇の石の意》江戸時代にオランダ人が伝えた薬。蛇の頭からとるといわれ、黒くて碁石に似る。はれもののうみを吸い、毒を消す力をもつという。蛇頂石。吸毒石。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

スランガ‐ステーン

〘名〙 (slangensteen 「蛇の石」の意) 江戸時代にオランダ人が伝えた薬。碁石(ごいし)に似て黒色。毒蛇の脳にある石で、腫物(はれもの)の膿(うみ)を吸って毒を消す効果があるという。うみすい石。〔本朝食鑑(1697)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android