コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毒蛇 ドクジャ

デジタル大辞泉プラスの解説

毒蛇

米国の作家レックス・スタウトのミステリー(1934)。原題《Fer-de-Lance, 〈別〉Meet Nero Wolfe》。「ネロ・ウルフ」シリーズ。1936年ハーバート・バイバーマン監督で映画化。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

どくじゃ【毒蛇】

どくへび【毒蛇】

有鱗目ヘビ亜目の爬虫類のうち、毒腺を有し毒牙をもつヘビの総称。毒には神経系に作用する神経毒と、血液組織を破壊する出血毒とがある。コブラ・アマガサヘビ・ウミヘビなどは神経毒成分が多く、マムシ・ハブ・ガラガラヘビなどは出血毒成分が多い。日本に生息するものではマムシとハブなど。どくじゃ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毒蛇
どくじゃ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

毒蛇の関連キーワードジャン・クロード ヴァン・イタリースネーク・コネクションスネークファームヒアルロニダーゼサンドバイパーフィロクテテスキングコブラクレオパトラがらがら蛇大威徳明王永良部海蛇富士の人穴キング蛇蛇遣い座満漢全席四つの蛇孔雀明王毒蛇の口完全犯罪神経毒

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

毒蛇の関連情報