コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スルタンザーデ Solṭānzāde

1件 の用語解説(スルタンザーデの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スルタンザーデ【Solṭānzāde】

1889‐1938
イラン出身の国際共産主義の活動家。アゼルバイジャンの地方都市マラーゲアルメニア人家庭に生まれる。13歳のときロシアに移住。1912年ロシア社会民主労働党に入党。イラン共産党創立(1919)メンバーバクー東方諸民族大会イラン代表(1920)を務める。コミンテルン第2回大会(1920)では,インド代表のM.N.ローイとならんで,アジアにおける社会主義革命を日程に上らせることを主張。その後,イラン共産党系の機関誌《闘争Peikār》《赤い星Setāre‐ye Sorkh》の編集に携わるが,スターリンにより粛清されたといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スルタンザーデの関連キーワードコムソモール集産主義戦時共産主義独ソ不可侵条約イランイラン国際共産党トリアッティポリセントリズム共産化国際共同研究事業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone