コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スルタンザーデ Solṭānzāde

世界大百科事典 第2版の解説

スルタンザーデ【Solṭānzāde】

1889‐1938
イラン出身の国際共産主義の活動家アゼルバイジャンの地方都市マラーゲのアルメニア人家庭に生まれる。13歳のときロシアに移住。1912年ロシア社会民主労働党に入党。イラン共産党創立(1919)メンバー,バクーの東方諸民族大会イラン代表(1920)を務める。コミンテルン第2回大会(1920)では,インド代表のM.N.ローイとならんで,アジアにおける社会主義革命を日程に上らせることを主張。その後,イラン共産党系の機関誌《闘争Peikār》《赤い星Setāre‐ye Sorkh》の編集に携わるが,スターリンにより粛清されたといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スルタンザーデの関連キーワードローイ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android