コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スルタン・カリフ制度 スルタン・カリフせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スルタン・カリフ制度
スルタン・カリフせいど

オスマン帝国のスルタンカリフをも兼ねる制度。一般に,1517年セリム1世がエジプトを征服してアッバース朝カリフの末裔ムタワッキルをイスタンブールへ拉致して,その位を譲られたといわれるが,その証拠はない。トルコ共和国の成立過程においてスルタン制とカリフ制は分離され,前者は 1922年に,後者は 24年に廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スルタン・カリフ制度の関連キーワードケマル・アタチュルクオスマン帝国トルコ史

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android