スヴェン アルカライ(英語表記)Sven Alkalaj

現代外国人名録2012の解説

スヴェン アルカライ
Sven Alkalaj


国籍
ボスニア・ヘルツェゴビナ

専門
外交官

肩書
ボスニア・ヘルツェゴビナ外相

生年月日
1948/11/11

出生地
ユーゴスラビア サラエボ

学歴
サラエボ大学機械工学科〔1974年〕卒;サラエボ大学経済学研究課程〔1987年〕修了;ハーバード・ビジネススクール〔1999年〕修了

経歴
サラエボ大学で機械工学や経済学を学ぶ。1988年エネルゴインベスト社バンコク支店長を経て、’94年駐米ボスニア・ヘルツェゴビナ大使に就任。クリストファー国務長官やクリントン大統領にユーゴスラビアでの民族紛争介入を説き、北大西洋条約機構(NATO)による空爆や、’95年の和平協定の下地を作ったといわれる。2000年米州機構大使、2004年駐ベルギー大使兼NATO大使を経て、2007年外相。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android