コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下地 しもじ

9件 の用語解説(下地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下地
しもじ

沖縄県西部,宮古島市南西部の旧町域。宮古島南西部にあり,橋で結ばれる来間島 (くりまじま。 2.84km2) を含む。 1949年町制。 2005年平良市,城辺町,上野村,伊良部町と合体して宮古島市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げ‐じ〔‐ヂ〕【下地】

菩薩(ぼさつ)の十地(じゅうじ)のうち、下等の地位。
地上の世界。下界。
「―の人、何をか行きて供養する事を得ん」〈今昔・三・三四〉
下級の地位。低い身分。
「―の者なりけれども、心ざま事に触れて尋常なりける」〈沙石集・七〉

した‐じ〔‐ヂ〕【下地】

物事が成り立つ土台となるもの。基礎。素地。素養。「小さいころから音楽の下地がある」「下地が入っているのですぐに酔う」
(「助枝」とも書く)木や竹の細い材を縦横に組んだ壁の骨組み。壁下地。かべしろ。また、襖(ふすま)の骨組みや下張り。
生まれつき持っている性質・才能。「下地もよいし、指導者もよかった」
《吸い物の味つけのもとになるところから》醤油(しょうゆ)。また、だし汁。「お下地」「割り下地
心の底。本心。
「―から惚れて居るこそ幸ひ」〈伎・五大力
芸妓や役者などになるための見習い中の者。下地っ子。
「男色の方に陰子(かげこ)、飛子(とびこ)、―とて、初心の者はあれど」〈浮・禁短気・四〉
中世、田畑・山林その他、収益の上がる土地そのものをさす語。
本来。もともと。まえまえ。
「―草臥れた上が一倍草臥れて」〈伎・幼稚子敵討〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

下地【したじ】

荘園・公領において,年貢・所当(しょとう)や夫役(ぶやく)などの公事(くじ)を指す上分(じょうぶん)に対し,田畠・山野等収益を生み出す土地自体を指す呼称。10世紀以降荘園の広範な成立に伴い下地の知行が重要となり,上分の知行権を持つ本家・領家らと,下地知行権を持つ地頭・名主らとの間で実際に下地を支配する権利,進止権(しんしけん)をめぐる争いが頻発した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

したじ【下地】

公領や荘園において,所当(年貢)や公事(夫役,雑公事)などの剰余労働(または剰余生産物)を上分(じようぶん)というのに対し,これらを生み出す土地(田畠などの耕地や山野未開地)をいう。13世紀以降では,さらにすすんで土地とそこで生産活動に従事する人間との結びつきそのものをさすに至る。律令制下では,土地よりも人身に課す庸・調・雑徭以下の課役の比重が大きかったが,10世紀以後,荘園制が形成され,土地そのものが貴族社寺などの主要な財産となると,上分に対して下地の比重が高くなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

げじ【下地】

〘仏〙 菩薩の修行の十地のうち、低い方の地位。
〘仏〙 三界のうち、劣っている境界。欲界。下界。
下等の地位。 「 -の者なりけれども、心ざま事に触れて尋常なりけり/沙石 7
(天上に対して)地上。 「 -の人、何をか行なひて供養することを得ん/今昔 3

したじ【下地】

本格的にある行為をしたり、ある状態になったりする前の、予備段階となっているもの。 「 -があるから上達も早い」 「 -ができていたとみえてすぐ酔いつぶれた」 「其間に勉強して他ほかの方面へ出る-を作らう/破戒 藤村
加工・仕上げなどをする土台。特に、壁下地・塗り下地。
生まれつきもっているもの。資質。天性。 「賢き-無くして、俄に菩薩になり難かるべし/沙石 3
〔吸い物の土台の意〕 醬油。また、醬油を主にしただし汁やつけ汁。 「割り-」
ずっと前。もともと。以前から。副詞的にも用いる。 「先づ-のが済みましてからの事/浮世草子・置土産 4」 「今の分わけある様子では-から懇ねんごろで/浮世草子・禁短気」
一人前になる前の、教育・見習い期間中の者。 「野郎の-/浮世草子・禁短気」 「番頭-/黄表紙・通風伊勢物語」
中世、公領や荘園で所当・年貢の収益を生みだす土地そのもの。これらの収益を上分じようぶんといったのに対する。田畑・山林・塩浜など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

したじ【下地】

加工や仕上げなどをする土台。木や竹の細い材を縦横に編んだ壁塗りのための骨組みや、屋根の瓦(かわら)を葺(ふ)くために板や防水材などを張った部分など。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下地
しもじ

沖縄県宮古(みやこ)郡にあった旧町名(下地町(ちょう))。現在は宮古島市の南西部を占める。1948年(昭和23)下地村から上野(うえの)村が分離独立、下地村は翌年町制施行。2005年(平成17)下地町は上野村、伊良部(いらぶ)町、城辺(ぐすくべ)町、平良(ひらら)市と合併し宮古島市となった。旧町域は宮古島南西部にあり、来間(くりま)島(面積2.84平方キロメートル)を含む。地形は川満(かわみつ)、嘉手苅(かでかり)、入江湾を結ぶ線より北東側は平坦(へいたん)な台地。南西側は低地の平野部からなる。来間島は、南へ緩傾斜する琉球(りゅうきゅう)石灰岩の低島。国道390号が平良地区、城辺地区を結ぶ。来間島とは来間大橋で結ばれる。かつて、入江湾周辺はマラリア病地域で、数村落が廃村になったのち、川満と嘉手苅村落が強制的に建設された。中心集落は与那覇湾に面する上地(うえじ)。現在、農業が主産業で、おもにサトウキビ、葉タバコを栽培。来間島はサトウキビのほか、かつお節製造が主産業。観光地として、与那覇前浜の海岸があり、リゾートホテル、ゴルフ場も立地している。[堂前亮平]
『『下地町制二十周年記念誌』(1969・下地町) ▽『下地町町制施行50周年記念誌』(1999・下地町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の下地の言及

【地】より

…前者の用例が地色,地の文などの地に通じ,後者の地が囲碁の地に当たるのであろう。また〈在地〉〈下地〉などの地は,土地の上に生ずる〈作毛〉とそれによる得分とは区別された,土地そのものを指す語であり,土地の売買などの移動に当たって,平安後期には〈在地〉の人の確認を得ることがとくに必要とされた。地主や地子・地利などの語も,この〈地〉に結びついており,京に対する田舎の意の〈地下〉の地も同様である。…

【所務沙汰】より

…所務は収納の意で,《日葡辞書》では〈年貢の取立て〉とする。14世紀初頭の鎌倉幕府の訴訟制度解説書《沙汰未練書》は,所務沙汰とは〈所領の田畠下地(したじ)相論の事〉と定義している。
[管轄]
 鎌倉初期には問注所で受理し,実務処理を経て,鎌倉殿自身が裁決した。…

※「下地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

下地の関連キーワード石摺書物図書品・奔・本・翻・飜本村本・元・基・因・素本江本町本通チョボ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下地の関連情報