コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズロニツェの鐘

デジタル大辞泉プラスの解説

ズロニツェの鐘

チェコの作曲家アントニン・ドヴォルザークの交響曲第1番(1865)。原題《Zlonické zvony》。作曲後、間もなくして総譜が失われたが、1923年に発見された。名称はドヴォルザークが少年時代に過ごした町に由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ズロニツェのかね【ズロニツェの鐘】

《原題、〈チェコ〉Zlonické zvonyドボルザークの交響曲第1番の標題。ハ短調。1865年作曲。作曲後に総譜が失われ、1923年に発見。名称はドボルザークが少年時代を過ごした町に由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android