セイディ・ヌルシー(英語表記)Seyyid‐i Nursī

世界大百科事典 第2版の解説

セイディ・ヌルシー【Seyyid‐i Nursī】

1867‐1960
オスマン帝国末期,トルコ共和国期の宗教活動家。サイディ・ヌルシーSaid‐i Nursī,サイディ・キュルディーSaid‐i Kürdīともよばれる。《光明(ヌール)の書》などを著し,コーランやシャリーアに基づくイスラム国家樹立を目ざした(ヌルジュ運動とよばれる)。1909年青年トルコ革命に反対する3月31日事件に連座したが,死刑をまぬがれ,東部アナトリアに隠棲した。ケマルアタチュルク世俗主義に批判的であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android