コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイディ・ヌルシー Seyyid‐i Nursī

1件 の用語解説(セイディ・ヌルシーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

セイディ・ヌルシー【Seyyid‐i Nursī】

1867‐1960
オスマン帝国末期,トルコ共和国期の宗教活動家。サイディ・ヌルシーSaid‐i Nursī,サイディ・キュルディーSaid‐i Kürdīともよばれる。《光明(ヌール)の書》などを著し,コーランシャリーアに基づくイスラム国家樹立を目ざした(ヌルジュ運動とよばれる)。1909年青年トルコ革命に反対する3月31日事件に連座したが,死刑をまぬがれ,東部アナトリアに隠棲した。ケマル・アタチュルク世俗主義に批判的であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

セイディ・ヌルシーの関連キーワードメタボリズム安保闘争朝鮮映画電子工業日本社会党韓国市民運動農家経済第5世代コンピューターR.E.M.

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone