コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイディ・ヌルシー Seyyid‐i Nursī

世界大百科事典 第2版の解説

セイディ・ヌルシー【Seyyid‐i Nursī】

1867‐1960
オスマン帝国末期,トルコ共和国期の宗教活動家。サイディ・ヌルシーSaid‐i Nursī,サイディ・キュルディーSaid‐i Kürdīともよばれる。《光明(ヌール)の書》などを著し,コーランやシャリーアに基づくイスラム国家樹立を目ざした(ヌルジュ運動とよばれる)。1909年青年トルコ革命に反対する3月31日事件に連座したが,死刑をまぬがれ,東部アナトリアに隠棲した。ケマル・アタチュルクの世俗主義に批判的であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

セイディ・ヌルシーの関連キーワードケマル・アタチュルク

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android