コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セックス・マシーン

デジタル大辞泉プラスの解説

セックス・マシーン

アメリカのソウルシンガー、ジェイムズ・ブラウンの曲。1970年に発表、R&Bチャートでは第2位、ポップチャートでは第15位を獲得。ブーツィー・コリンズのベースなど第1期JB'sのグルーブ感あふれる演奏をバックに、ボビーバードとの掛け合いを繰り広げている。日本では歌詞中の「Get Up!」が「ゲロッパ(ゲロンパ)」と聞こえるとして、そのように通称されることもある。「ローリング・ストーン」誌が選ぶ最も偉大な500曲第334位。原題《Sex Machine (Get Up I Feel Like Being A Sex Machine)》。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セックス・マシーンの関連情報