コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セディバ猿人 せでぃばえんじんAustralopithecus sediba

知恵蔵miniの解説

セディバ猿人

学名「アウストラロピテクス・セディバ」。200万年前に生息していたヒト科の絶滅種。初期の人類の祖先とされ、直立歩行が可能でありながら、樹上生活をしていたと考えられている。南アフリカの「人類のゆりかご(Cradle of Humankind)」として知られる化石発掘地帯から、2008年以来、頭骸骨が4体分見つかっていたが、12年7月、ほぼ完全な全身骨格が発見されたとの発表があり、研究の進展が期待されている。

(2012-07-17)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android