セブアーノ族(読み)セブアーノぞく(英語表記)Cebuano

世界大百科事典 第2版の解説

セブアーノぞく【セブアーノ族 Cebuano】

フィリピンのいわゆる平地キリスト教民の一グループで,ビサヤ族に属し,セブ島,ボホール島,ネグロス島東部,レイテ島西部,ミンダナオ島北海岸部などに住み,セブアーノ語を話す。人口は1026万(1975)で総人口の24.3%を占め,タガログ族と並んでフィリピンで最大の言語グループを形成している。セブアーノ地域の中心セブ市には1521年にマゼランが建てたと伝えられる木の十字架や,植民地経営の基礎を築いたレガスピ隊が発見したといわれ,現在もその霊力ゆえに広範な信仰を集めている幼きイエス像Santo Niñoなどの,キリスト教にちなんだ遺跡遺物が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のセブアーノ族の言及

【セブ[島]】より

…地下資源に恵まれ,石炭と銅の埋蔵量は全国第1位,特にトレド銅山は有名である。フィリピン最大の言語集団セブアーノ族の故郷で,セブアーノ族の主食であるトウモロコシが耕地の7割で栽培されている。【梅原 弘光】。…

※「セブアーノ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android