コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セベク Sebek

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セベク
Sebek

エジプトのわにの頭をもつ水神。神々の母ネイトの息子。特にファイユームで崇拝され,主聖所はギリシア人クロコディロポリスと呼んだかつてのシュデットにある。その地方では,宇宙創造のとき混沌の水から現れた造化の神と信じられた。また上エジプトのかつてのオリンポスでは,そこの支配者セトの地位を代りに占め,ホルスの三体一座とともに彼の三体一座が崇拝された。わにの頭をもつ人間または一匹のわにとして表現され,わにに食物を供えたり,その行動から吉兆を占ったりするわに崇拝が行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

セベクの関連キーワードコームオンボーコムオンボ神殿エジプト神話オンボスワニ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android