コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崇拝 すうはいworship

翻訳|worship

3件 の用語解説(崇拝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

崇拝
すうはい
worship

一般には尊敬し,あがめることをいい,宗教において思考,言葉,行為などで,神聖なるものに自己の全的依存を告白すること。カトリックでは,神のみへの崇拝 (礼拝) latriaと神以外への崇敬 duliaとに区別し,マリアに対しては特別な崇敬 hyperduliaを捧げる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

すうはい【崇拝】

( 名 ) スル
〔古くは「しゅうはい」とも〕
あがめうやまうこと。信仰すること。 「偶像-」 「余程人から-された人物だつたと見えて/あめりか物語 荷風

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

崇拝の関連情報