崇拝(読み)すうはい(英語表記)worship

翻訳|worship

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

崇拝
すうはい
worship

一般には尊敬し,あがめることをいい,宗教において思考,言葉,行為などで,神聖なるものに自己の全的依存を告白すること。カトリックでは,神のみへの崇拝 (礼拝) latriaと神以外への崇敬 duliaとに区別し,マリアに対しては特別な崇敬 hyperduliaを捧げる。宗教史上の大きな争いも,大部分は,何を崇拝するかということに関連する道徳上,儀式上の約束の保存,改新に関するものであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

すう‐はい【崇拝】

[名](スル)心から傾倒して、敬い尊ぶこと。「心から崇拝する」「偶像崇拝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すうはい【崇拝】

( 名 ) スル
〔古くは「しゅうはい」とも〕
あがめうやまうこと。信仰すること。 「偶像-」 「余程人から-された人物だつたと見えて/あめりか物語 荷風

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すう‐はい【崇拝】

〘名〙
① あこがれの気持で、ある人を心から敬うこと。
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉九「アチルス〈略〉をば英雄として崇拝せしめ」 〔南斉書‐百官志〕
② 宗教的対象の前に立ち、自己の有限性、依存性、卑小性、無力性を自覚したり、あるいは自己の罪業の深さとその自力による救済不能を自覚したりすることから、宗教的対象に自己の救済一切をまかせ願求する心をもって、対象を敬いあがめること。
※公議所日誌‐一五中・明治二年(1869)五月「上は神仏を崇拝し、下は英武の勁力を尽し」
[語誌](②について) 中国では近代になって、英華字書で、adore・adorer の訳語にあてられ、宗教的な意味合いが加わった。日本では明治までに用例が確認できず、中国の洋学書、漢訳聖書と共に日本語に入ってきたのではないかと思われる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

崇拝の関連情報