コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崇拝 すうはい worship

翻訳|worship

3件 の用語解説(崇拝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

崇拝
すうはい
worship

一般には尊敬し,あがめることをいい,宗教において思考,言葉,行為などで,神聖なるものに自己の全的依存を告白すること。カトリックでは,神のみへの崇拝 (礼拝) latriaと神以外への崇敬 duliaとに区別し,マリアに対しては特別な崇敬 hyperduliaを捧げる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すう‐はい【崇拝】

[名](スル)心から傾倒して、敬い尊ぶこと。「心から崇拝する」「偶像崇拝

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すうはい【崇拝】

( 名 ) スル
〔古くは「しゅうはい」とも〕
あがめうやまうこと。信仰すること。 「偶像-」 「余程人から-された人物だつたと見えて/あめりか物語 荷風

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

崇拝の関連キーワード歓喜喜悦傾倒深謝推尊崇奉皇尊尊神鑽仰尊ぶ

崇拝の関連情報