コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造化 ゾウカ

デジタル大辞泉の解説

ぞう‐か〔ザウクワ〕【造化】

天地万物を創造し育てること。また、それをなす者。造物主。「造化の神」
造物主によってつくられたもの。自然。「造化の妙」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうか【造化】

万物を創造化育するという意味から出た言葉で,天地の間の万物が生々流転しながら永遠に存続する作用ないし働きをいう。転じて,天地の間の一切万物を創造する造物主,あるいはそれによって創造された天地,自然,宇宙のことをも意味する。古く《荘子》大宗師篇に,万物に生死の変化を無限にくりかえさせる偉大な自然の働きの意味で〈造化〉という言葉が用いられているが,宋代の儒学ではもっと広く,宇宙の形而上学的絶対者としての〈太極〉が,万物を生成する根元的な創造力であると解釈されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぞうか【造化】

天地とその間に存在する万物をつくり出し、育てること。また、その道理・それを行う神。 「 -の妙」
神のつくった天地。自然。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

造化の関連キーワードタカミムスビノカミ(高御産巣日神)カミムスビノミコト(神皇産霊尊)然もあらばあれ天機を洩らすぶさを打つ天御中主尊神道修成派天御中主神無沙を打つ高皇産霊神神皇産霊尊手刀を切る高皇産霊尊黒田武亥吉沢雪葊山田長隠造化の火北辰権現利いた風無機化学

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

造化の関連情報