コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セリヌンテ Selinunte

デジタル大辞泉の解説

セリヌンテ(Selinunte)

イタリア南部、シチリア島南西部にあった古代ギリシャ時代の植民都市。紀元前7世紀、同島東岸のメガラからきたギリシャ人により建設された。前5世紀初頭と前3世紀半ばにカルタゴの攻撃を受けて廃墟になった。女神ヘラに捧げられたという神殿や2000人を収容できたとされる巨大神殿をはじめ、二つの神殿群が残っている。ギリシャ語名セリノス、ラテン語名セリヌス

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

セリヌンテの関連キーワードセリヌスの神殿小川真司菅原貴志

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セリヌンテの関連情報