セリモビッチ(読み)せりもびっち(英語表記)Mehmed-Meša Selimović

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セリモビッチ
せりもびっち
Mehmed-Mea Selimovi
(1910―1982)

ボスニアの小説家。旧ユーゴスラビア時代に活躍。ベオグラード大学を卒業、ギムナジウムで教鞭(きょうべん)をとる。第二次世界大戦後幅広い分野にわたる活動をみせ、ユーゴスラビア作家同盟議長も務めた。戦争体験を描く『沈黙』(1961)、トルコ支配時代のボスニアにおける人間の真摯(しんし)な生き方に省察を加えた歴史小説『回教修道僧と死』(1967)、『砦(とりで)』(1970)によって種々の文学賞を得た。[栗原成郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android