コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈黙 チンモク

デジタル大辞泉の解説

ちん‐もく【沈黙】

[名](スル)
だまりこむこと。口をきかないこと。「沈黙を守る」「沈黙を破る」「沈黙して語らない」
音を出さないこと。物音もなく静かなこと。「深い夜の沈黙
活動をせずにじっとしていること。「長い沈黙を破って新作を発表する」
[補説]書名別項。→沈黙

ちんもく【沈黙】[書名]

遠藤周作の歴史小説。江戸時代初期、キリシタン弾圧の中で棄教したポルトガル人司祭を主人公にした作品。昭和41年(1966)発表。同年、第2回谷崎潤一郎賞受賞。昭和46年(1971)、篠田正浩監督により映画化。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

沈黙

1971年公開の日本映画。監督・脚本:篠田正浩、原作・脚本:遠藤周作、撮影:宮川一夫、音楽:武満徹、録音:西崎英雄。出演:ディビッド・ランプソン、マコ・岩松、ダン・ケニイ、加藤嘉、松橋登、滝田裕介、丹波哲郎ほか。第26回毎日映画コンクール日本映画大賞、監督賞、音楽賞、録音賞受賞。

沈黙

米国の作家ロバート・B・パーカーのハードボイルド小説(1999)。原題《Hush Money》。「スペンサー」シリーズ。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ちんもく【沈黙】

( 名 ) スル
口をきかないこと。黙っていること。 「 -を守る」 「唇をかんで-するのみであった」
音を出さないこと。また、活動をやめて静かにしていること。 「敵の砲台を-させる」 「長い-を破って大作を発表する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

沈黙の関連キーワードベルナール(Jeanバルトーク:舞踏組曲/piano soloダフメイェザルトシュティヤーン沈黙(遠藤周作の小説)スティーブン セガールロウフィールド館の惨劇イサベラ ロヴィーンクワイエットピリオド沈黙は金,雄弁は銀雄弁は銀,沈黙は金雄弁は銀沈黙は金沈黙は金雄弁は銀ハルポクラテスサイレント期間生と死の妙薬チュッチェフロダンバックIR自粛期間ロデンバックベルコール

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沈黙の関連情報