沈黙(読み)チンモク

デジタル大辞泉の解説

ちん‐もく【沈黙】

[名](スル)
だまりこむこと。口をきかないこと。「沈黙を守る」「沈黙を破る」「沈黙して語らない」
音を出さないこと。物音もなく静かなこと。「深い夜の沈黙
活動をせずにじっとしていること。「長い沈黙を破って新作を発表する」
[補説]書名別項。→沈黙

ちんもく【沈黙】[書名]

遠藤周作の歴史小説。江戸時代初期、キリシタン弾圧の中で棄教したポルトガル人司祭を主人公にした作品。昭和41年(1966)発表。同年、第2回谷崎潤一郎賞受賞。昭和46年(1971)、篠田正浩監督により映画化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

沈黙

1971年公開の日本映画。監督・脚本:篠田正浩、原作・脚本:遠藤周作、撮影:宮川一夫、音楽:武満徹、録音:西崎英雄。出演:ディビッド・ランプソン、マコ・岩松、ダン・ケニイ、加藤嘉、松橋登、滝田裕介、丹波哲郎ほか。第26回毎日映画コンクール日本映画大賞、監督賞、音楽賞、録音賞受賞。

沈黙

米国の作家ロバート・B・パーカーのハードボイルド小説(1999)。原題《Hush Money》。「スペンサー」シリーズ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちんもく【沈黙】

( 名 ) スル
口をきかないこと。黙っていること。 「 -を守る」 「唇をかんで-するのみであった」
音を出さないこと。また、活動をやめて静かにしていること。 「敵の砲台を-させる」 「長い-を破って大作を発表する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちん‐もく【沈黙】

〘名〙
① 落ち着いていて口数が少ないこと。〔布令字弁(1868‐72)〕 〔晉書‐嵆康伝〕
② (━する) 口をきかないこと。だまりこむこと。〔慶応再版英和対訳辞書(1867)〕
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉三「思はず顔を見合わせて沈する」
③ (━する) 音を出さないこと。物音もなくしんとしていること。静かなこと。また、その状態。静寂。
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉九「彼のウエストミニスタルの幽鬱なる積土の中に沈黙したる一個の死人は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沈黙の関連情報