コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セレウス菌 せれうすきんBacillus cereus

知恵蔵miniの解説

セレウス菌

大桿菌の一種で、食中毒原因菌の一つ。健康な成人の約10%が腸内にこの菌を持っている。毒性・感染力ともに弱く、日本における年間食中毒患者のうち本菌に起因するものは1%に満たない。幼児や高齢者など抵抗力の落ちた人が本菌に汚染されたものを摂取すると、嘔吐・下痢などの食中毒症状を起こす場合がある。また血液中に菌が入り込むと菌血症を発症することがあり、これにより2007年に2名、08年に1名死亡している。13年8月には、国立がん研究センター中央病院で入院患者13人が感染し、うち2人が死亡した。

(2013-8-27)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

セレウス菌

土壌中や穀物香辛料などに広く存在する。食品中で増えて毒素を作り、おうとや下痢を伴う食中毒の原因になる。熱にも比較的強く増殖力も強い。乾燥したり周囲に栄養が少なくなったりすると芽胞という状態になり消毒が難しくなる。感染者の免疫力などが落ちていると敗血症を引き起こすことがある。

(2008-02-26 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

セレウス‐きん【セレウス菌】

Bacillus cereus》バチルス属の細菌の一。グラム陽性桿菌(かんきん)で、土壌中など自然環境に広く分布するが、食中毒の原因となることもある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

セレウス菌

 [Bacillus cereus]など,食中毒の原因菌.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のセレウス菌の言及

【バシルス】より

枯草菌B.subtilisのアミラーゼ,プロテアーゼは工業的に生産されている。一方,セレウス菌B.cereusは食品の腐敗に関係し食中毒の原因菌となる。バシルス・チューリンゲンシスB.thuringensisは細胞内に結晶性のタンパク質を生成し,これはチョウやガなど鱗翅(りんし)目の昆虫に特異的な毒性を示すので,これらの駆除に用いられている。…

※「セレウス菌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

セレウス菌の関連キーワードBacillus cereusセレウス菌食中毒バシルス芽胞菌

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セレウス菌の関連情報