桿菌(読み)かんきん(英語表記)bacillus

翻訳|bacillus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桿菌
かんきん
bacillus

とも書く。棒状または円筒形の細菌の総称。球菌,螺旋菌と同じく細菌の形からつけられた名であるが,別にバチルス Bacillusという属もあり混同しやすい。病原菌としては,大腸菌枯草菌などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かんきん【桿菌】

棒状の形をしている細菌。納豆菌・根粒菌・赤痢菌など。バチルス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桿菌
かんきん
bacillus

球菌やらせん菌と対比して使われる細菌学用語で、棒状または円筒形の細菌をいう。菌のなかで細長いものを長桿菌とよび、短くて球菌に近いものを短桿菌とよぶ。また、桿菌には両端が切断されたように切り立ったものや、丸みを帯びたものがある。さらに、いくつかの桿菌が鎖状に連なるもの、側面で柵(さく)状に並ぶものなど、さまざまな配列形態を示す場合もある。しかし、ある種、あるグループの細菌では多形態性を示す例が多く、培養当初の形状は、継代培養や培養条件を変えることによって変化をすることがある。また、条件が元に復しても、それ以前の形態にはならない場合も多い。
 細菌学の発展初期においては、長桿菌をバチルスBacillus、短桿菌をバクテリウムBacteriumとよび、これを属名として使用していたが、その後、研究が進むにつれて属の概念が大きく変わった。現在では、Bacillusは枯草菌などが属する分類学上の属名として使われており、bacillus(桿菌)とは区別される。また、bacteriumは、現在では細菌の総称として使われるようになっている。しかし、それぞれのつづりは、ラクトバチルスLactobacillus、チオバチルスThiobacillus、あるいはコリネバクテリウムCorynebacterium、フラボバクテリウムFlavobacterium、プロピオニバクテリウムPropionibacteriumのように属名の後尾にその名を残している。[曽根田正己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android