コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然環境 しぜんかんきょうphysical(natural) environment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然環境
しぜんかんきょう
physical(natural) environment

人間の行動,生産と消費の生活に直接,間接影響を与える自然的諸条件の総体人文 (的) あるいは社会 (的) 環境に対していう。自然環境を構成する要素は地質地形,気候,土壌陸水海洋植生,動物などがあげられ,これらをまとめて,岩石圏水圏気圏生物圏,微生物圏ということもある。自然環境の人間に直接与える影響は,洪水,地震などの災害時に顕著にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しぜん‐かんきょう〔‐クワンキヤウ〕【自然環境】

ある物をとりまく地勢動植物天候など、人の手が加わっていない事物や状況。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しぜんかんきょう【自然環境】

人間や生物を取り巻き、その生存や行動などに密接な関連をもつ、土地・大気・水・生物などからなる自然界の状況。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

自然環境の関連キーワードテクノロジーアセスメント都道府県自然環境保全地域ナチュラルセレクション原生自然環境保全地域生分解性プラスチック地球にやさしいカードエコロジカルバランス森林のもつ多面的機能リージョンフォームコンサベーション環境学園専門学校自然環境保全地域ランドスケープ生分解性高分子自然環境保全法持続可能な社会サダニ国立公園エコツーリズム環境ビジネスキャンペーン

自然環境の関連情報