自然環境(読み)シゼンカンキョウ(英語表記)physical(natural) environment

デジタル大辞泉 「自然環境」の意味・読み・例文・類語

しぜん‐かんきょう〔‐クワンキヤウ〕【自然環境】

ある物をとりまく地勢・動植物・天候など、人の手が加わっていない事物状況

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「自然環境」の意味・読み・例文・類語

しぜん‐かんきょう ‥クヮンキャウ【自然環境】

〘名〙 ある物をとりまいて影響を及ぼす、地勢、天候、生物など自然の情況
※錬成スキーと雪・冬山(1944)〈河上寿男〉二「人は自然環境の美しさによってどれだけ美しい情操がはぐくまれるかは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「自然環境」の意味・わかりやすい解説

自然環境
しぜんかんきょう
physical(natural) environment

人間の行動,生産と消費の生活に直接,間接の影響を与える自然的諸条件の総体。人文 (的) あるいは社会 (的) 環境に対していう。自然環境を構成する要素地質地形気候土壌陸水海洋植生動物などがあげられ,これらをまとめて,岩石圏水圏,気圏,生物圏,微生物圏ということもある。自然環境の人間に直接与える影響は,洪水地震などの災害時に顕著にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

焦土作戦

敵対的買収に対する防衛策のひとつ。買収対象となった企業が、重要な資産や事業部門を手放し、買収者にとっての成果を事前に減じ、魅力を失わせる方法である。侵入してきた外敵に武器や食料を与えないように、事前に...

焦土作戦の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android