自然環境(読み)しぜんかんきょう(英語表記)physical(natural) environment

  • しぜんかんきょう ‥クヮンキャウ
  • しぜんかんきょう〔クワンキヤウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人間の行動,生産と消費の生活に直接,間接の影響を与える自然諸条件の総体。人文 (的) あるいは社会 (的) 環境に対していう。自然環境を構成する要素地質地形気候土壌陸水海洋植生動物などがあげられ,これらをまとめて,岩石圏,水圏,気圏,生物圏,微生物圏ということもある。自然環境の人間に直接与える影響は,洪水地震などの災害時に顕著にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

人間や生物を取り巻き、その生存や行動などに密接な関連をもつ、土地・大気・水・生物などからなる自然界の状況。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ある物をとりまいて影響を及ぼす、地勢、天候、生物など自然の情況。
※錬成スキーと雪・冬山(1944)〈河上寿男〉二「人は自然環境の美しさによってどれだけ美しい情操がはぐくまれるかは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自然環境の関連情報