コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントキルダ島 セントキルダとうSaint Kilda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントキルダ島
セントキルダとう
Saint Kilda

イギリス,スコットランド西方の大西洋沖にある三つの小島からなる島群。外ヘブリディーズ諸島中部の北ユーイスト島の西約 70kmにあり,イギリス最西端をなす。最も大きいハータ島は,長さ約 5km,幅約 3kmの岩石島で,最高点は 400mをこえる。先史時代より人が住んでいたが,1930年に最後の住民 35人が引き揚げてしまい,その後無人島イギリス第1の海鳥の生息地で,特に世界最大のカツオドリ繁殖地として知られ,自然保護区に指定されている。 1986年世界遺産の自然遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android