コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セヴラック:休暇の日々から 第1集/piano solo En vacances I

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

セヴラック:休暇の日々から 第1集/piano solo

8つのキャラクター・ピースを組曲風にまとめた作品。1911年~1912年頃の作品とされる。そのロマン派的な発想や、ピアノ書法は、シューマンから影響をうけたものである。そこにあるのは子供たちの謝肉祭と ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android