コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セーフホールドモード safe-hold mode

デジタル大辞泉の解説

セーフホールド‐モード(safe-hold mode)

人工衛星や宇宙探査機などに何らかの異常が生じた場合、機体の安全を最優先に確保するために自律判断で行われる動作状態の一つ。太陽電池パネルを太陽に向けて発電量を保持しつつ機体を回転し、通信などの必要最小限の機器のみを作動させて、地上からの指令を待つ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

セーフホールドモードの関連キーワード人工衛星

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android