指令(読み)しれい

精選版 日本国語大辞典「指令」の解説

し‐れい【指令】

〘名〙
命令すること。また、その内容、それを伝える人。さしず。
※玉石志林(1861‐64)一「此犬猟師の指令にひて野猪を蹤跡し」
② 行政官庁などで、上級の機関から下級の機関に対して発せられ、遵守義務をともなうさしず。
※各省官制通則(明治二六年)(1893)五条「府県知事に指令又は訓令を下すことを得」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「指令」の解説

し‐れい【指令】

[名](スル)
指揮・命令すること。また、その命令。「撤退を指令する」
行政官庁などで、上級の機関から下級の機関に出す通達・命令。
[類語]命令号令言い付けれい下命指示指図さしず発令沙汰さた主命君命上意達し威令厳令厳命命ずる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「指令」の解説

【指令】しれい

命令。

字通「指」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android