コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セーレンセンのpH値 Sørensen's pH scale

法則の辞典の解説

セーレンセンのpH値【Sørensen's pH scale】

水溶液中の水素イオン濃度を表す指標として,デンマークのセーレンセン(S. P. L. Sørensen)が最初に導入したもの.彼は水溶液中の無機酸の分析濃度の負の常用対数(-log10C(H))をpHと定義したが,後に熱力学理論の進展や測定法の改善の結果,水素イオンの活量濃度 a(H)の負の常用対数として再定義された.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

セーレンセンのpH値の関連キーワードpHスケール水素イオン

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android