コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セーレンセンのpH値 Sørensen's pH scale

1件 の用語解説(セーレンセンのpH値の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

セーレンセンのpH値【Sørensen's pH scale】

水溶液中の水素イオン濃度を表す指標として,デンマークのセーレンセン(S. P. L. Sørensen)が最初に導入したもの.彼は水溶液中の無機酸の分析濃度の負の常用対数(-log10C(H))をpHと定義したが,後に熱力学理論の進展や測定法の改善の結果,水素イオンの活量濃度 a(H)の負の常用対数として再定義された.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セーレンセンのpH値の関連キーワードイオン積ガラス電極水素イオン水素イオン濃度水素電極pH水素イオン指数ピーエッチ水素イオン活量pH(ペーハー)(水素イオン濃度指数)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone