コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無機酸 ムキサン

5件 の用語解説(無機酸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むき‐さん【無機酸】

炭素を除く非金属元素を成分とする酸。硫酸硝酸燐酸塩酸など。ふつう炭酸も含める。鉱酸。⇔有機酸

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

無機酸

 鉱酸ともいう.有機化合物である有機酸に対していう.無機質からなる酸.炭素を含まない酸であるが,炭酸,重炭酸などは例外で,無機酸に属する.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むきさん【無機酸 inorganic acid】

有機酸に対する語で,無機化合物の酸をいう。鉱酸mineral acidともいう。硫酸H2SO4,リン酸H3PO4,ホウ酸H3BO3などのオキソ酸,塩酸HCl,シアン化水素酸HCN,ヘキサフルオロリン酸HPF6などの水素酸の総称。対語である有機酸は,カルボキシル基または水酸基を有する有機化合物である。【水町 邦彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

むきさん【無機酸】

塩素・硫黄・窒素・リンなどの炭素以外の非金属を含む酸の総称。塩酸・硫酸・硝酸・リン酸など。炭酸は炭素を含んでいるが、普通、無機酸に含める。古来、鉱物から得られたので鉱酸ともいう。 ↔ 有機酸

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無機酸
むきさん
inorganic acidmineral acid

有機酸に対する語で、F、Cl、Br、I、S、Se、Te、N、P、Asなどのような非金属元素を含む酸基が水素と結合してできた酸。鉱酸ともいう。たとえば塩酸HCl、硫酸H2SO4、硝酸HNO3、リン酸H3PO4などがそうである。炭素を含む酸のカルボン酸は有機酸に分類するが、炭酸H2CO3のみは無機酸に分類する。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無機酸の関連情報