無機酸(読み)ムキサン

世界大百科事典 第2版の解説

むきさん【無機酸 inorganic acid】

有機酸に対する語で,無機化合物の酸をいう。鉱酸mineral acidともいう。硫酸H2SO4,リン酸H3PO4,ホウ酸H3BO3などのオキソ酸,塩酸HCl,シアン化水素酸HCN,ヘキサフルオロリン酸HPF6などの水素酸の総称。対語である有機酸は,カルボキシル基または水酸基を有する有機化合物である。【水町 邦彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

むきさん【無機酸】

塩素・硫黄・窒素・リンなどの炭素以外の非金属を含む酸の総称。塩酸・硫酸・硝酸・リン酸など。炭酸は炭素を含んでいるが、普通、無機酸に含める。古来、鉱物から得られたので鉱酸ともいう。 ⇔ 有機酸

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無機酸
むきさん
inorganic acidmineral acid

有機酸に対する語で、F、Cl、Br、I、S、Se、Te、N、P、Asなどのような非金属元素を含む酸基が水素と結合してできた酸。鉱酸ともいう。たとえば塩酸HCl、硫酸H2SO4、硝酸HNO3、リン酸H3PO4などがそうである。炭素を含む酸のカルボン酸は有機酸に分類するが、炭酸H2CO3のみは無機酸に分類する。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

むき‐さん【無機酸】

〘名〙 炭素原子を含まない酸。塩酸・硫酸・硝酸・燐酸など。ただし炭酸だけは、炭素原子を持つが無機酸として扱われる。有機酸に対する語。〔工学字彙(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android