コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソフト支援型援助 ソフトしえんがたえんじょnon-hardware aspects of technical cooperation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソフト支援型援助
ソフトしえんがたえんじょ
non-hardware aspects of technical cooperation

発展途上国における経済開発戦略の策定能力の向上や,自らに適合した技術の研究開発能力の支援など,ソフト面での技術協力。効果的な経済協力を進めるという観点から,1988年の経済計画「世界とともに生きる日本」においてその推進が指摘された新しい形態の援助である。経済協力基盤ネットワークは,その中核となるもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ソフト支援型援助の関連キーワード発展途上国

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android