コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソフロニー Brachanski Sofronij

世界大百科事典 第2版の解説

ソフロニー【Brachanski Sofronij】

1739‐1813
ブルガリア民族の再生運動の先駆者。本名ブラディスラボフStojko Vladislavov。ブルガリア東部の町コテルに生まれ,ギリシア語の教育をうけた。1762年コテルで聖職につき,以後写本や著述や母語教育に力を注いだ。アトスに学び,ギリシア聖職者やトルコ官憲の迫害にもあったが,1794年ブルガリア西部ブラツァの主教になった。バルカンの不穏な国際情勢のため1803年ブカレストへ移住,1806‐12年の露土戦争の際にはドナウ北岸のブルガリア人移住者を組織した委員会を初めてつくり,ブルガリア人の自治要求運動に先鞭をつけた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ソフロニーの関連キーワードブラッツァ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android