コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソブリン金貨 ソブリンきんかsovereign

翻訳|sovereign

世界大百科事典 第2版の解説

ソブリンきんか【ソブリン金貨 sovereign】

イギリスの1ポンド金貨の名称。ソベリン金貨ともいう。イギリス金本位制度を採用した1816年貨幣法で制定され,1917年まで国内流通用の貨幣として製造・発行された。74年からは,地金型金貨(地金価値と大差ない価格で取引される投資向きの金貨)として発行されている。現在も1ポンドの法貨であるが,額面金額の表示はない。直径22mm,重量7.988g,品位916/1000。1ポンド金貨をソブリン(君主)と呼ぶのは,1489年に発行された20シリング(=1ポンド)金貨に,当時の国王ヘンリー7世の肖像が大きく描かれたことに由来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のソブリン金貨の言及

【金】より

…銀貨は金貨と併用されていたが,やがて18世紀末にイギリスは銀貨の自由鋳造を禁止し,事実上の金貨中心の体制に移ることになった。19世紀初めイギリスはソブリン金貨を発行し,それを本位貨幣とした。ドイツをはじめ他の諸国もイギリスにならい,本位貨幣として金貨を鋳造し,発行した。…

【金本位制度】より


[歴史]
 最も早い時期に金本位制を法的に確立したのはイギリスである。1816年にイギリスはソブリンsovereignと名づけられた1ポンド金貨,ソブリン金貨を鋳造し,これを法定通貨として,この平価にもとづいてイングランド銀行券はこの金貨と交換されることとなった(貨幣法Coinage Act)。イングランド銀行法により銀行券と金との関係がはっきりと規定されたのが44年なので,この年をもって金本位制確立とみる見解もある。…

※「ソブリン金貨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ソブリン金貨の関連キーワードポンド(イギリスの通貨単位)金属貨幣

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ソブリン金貨の関連情報