コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

君主 くんしゅmonarch

翻訳|monarch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

君主
くんしゅ
monarch

伝統的には,国家において特定の1人が主権を保持する場合のその主権者をさす。世襲の独任機関で専制君主制下の君主がその典型である。しかし,立憲君主制の確立に伴いその権能は次第に制限され,一般的行政権,外交権,官吏任命権などを保持するにとどまるようになり,さらに進んで名目化,象徴化する傾向が顕著である。「君主は君臨すれども統治せず」という表現はこのような傾向を象徴するもので,イギリスの君主はその典型である。ベルギー憲法下の国王や日本国憲法下の天皇もこの原理によるものといわれるが,両憲法は国民主権に立脚するもので,君主の名目化,象徴化が最も進んでおり,もはや「君臨する」といえるかどうかさえ疑問である。なお,君主は君主であるがゆえに法上特別の地位に立つものとされ,いわゆる君主無答責の原則が帰結される。「国王は悪をなし能わない」というイギリスにおける格言や「天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス」と定める旧憲法3条は,まさにこの原則にかかわるが,日本国憲法は国事行為との関連における無答責を定める (3条) にとどまる。もっとも,皇室典範が摂政は訴追されないと定めている (21条) ことから類推しても,私的行為との関連において少くとも刑事上の無答責が解釈論上帰結されるとするのが一般的である。 (→君主主権 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

くんしゅ【君主】

世襲的に国家を代表し、統帥する最高の地位にある人。帝王。天子。皇帝。きみ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の君主の言及

【君子】より

…〈野人(やじん)〉あるいは〈小人(しようじん)〉の対。とくに政権の主宰者,首長を〈君主〉ともいい,領土と臣民を保有する主権者の〈国君〉,臣下にたいする〈君王,主君〉をもさす。中国古代にあって,貴族階層の男性,“おっと”への敬称,君子偕老(かいろう)の〈君子〉など,のちの第二人称の〈君(くん)〉〈卿(けい)〉にあたる。…

※「君主」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

君主の関連キーワード制限君主制デスポットモナーキー絶対君主制絶対王制専制君主内帑金君主国寵姫聖主尊主国君単于暗君故君元妃欽定君公君臣主君

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

君主の関連情報