コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソルターニーエ Soltānīye

世界遺産詳解の解説

ソルターニーエ【ソルターニーエ】

2005年に登録された世界遺産(文化遺産)。イラン北西部、ザンジャーン州の州都ザンジャーン南東に位置する都市遺跡で、イル・ハーン朝の首都であった。このソルターニーエにあるドームは、イランのイル・ハーン朝第8代スルタン、ウルジャーイートゥー(ムハンマド・ホダーバンデ)の霊廟として、1302~1312年頃に建設された。ドームの高さは約50mあり、二重外殻ドームとしてはイラン最古である。人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして世界遺産に登録された。◇英名はSoltaniyeh

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android