コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソルターニーエ Soltānīye

世界遺産詳解の解説

ソルターニーエ【ソルターニーエ】

2005年に登録された世界遺産(文化遺産)。イラン北西部、ザンジャーン州の州都ザンジャーン南東に位置する都市遺跡で、イル・ハーン朝の首都であった。このソルターニーエにあるドームは、イランのイル・ハーン朝第8代スルタン、ウルジャーイートゥー(ムハンマド・ホダーバンデ)の霊廟として、1302~1312年頃に建設された。ドームの高さは約50mあり、二重外殻ドームとしてはイラン最古である。人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして世界遺産に登録された。◇英名はSoltaniyeh

出典|講談社世界遺産詳解について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android