ソルベンシーマージン(読み)そるべんしーまーじん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

生命保険会社の経営の健全性を測る指標のひとつ。保険会社が各種リスクに対して、どの程度の保険金支払い余力があるかを示す。具体的には保険会社の保険金支払い余力を、各種リスク額の合計平均値で割って算出する。この比率が200%を超えていることが妥当とされており、これを下回ると、当局による早期是正措置の対象となる。保険会社は相互会社形態をとり、銀行のように経営の健全性を判断する上で自己資本比率を使えないことから考え出された。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android