コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソルベンシーマージン そるべんしーまーじん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ソルベンシーマージン

生命保険会社の経営の健全性を測る指標のひとつ。保険会社が各種リスクに対して、どの程度の保険金支払い余力があるかを示す。具体的には保険会社の保険金支払い余力を、各種リスク額の合計の平均値で割って算出する。この比率が200%を超えていることが妥当とされており、これを下回ると、当局による早期是正措置の対象となる。保険会社は相互会社形態をとり、銀行のように経営の健全性を判断する上で自己資本比率を使えないことから考え出された。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ソルベンシーマージン【solvency margin】

保険会社の支払い余力を示す指標。保険会社の自己資本と、保険金支払いや会社の資産運用リスクなどから算出した数値。経営の安全性を示す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ソルベンシーマージンの関連キーワードソルベンシーマージン比率保険金支払余力比率自己資本安全性

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android