ソルベンシー・マージン比率(読み)そるべんしー・まーじんひりつ

損害保険用語集の解説

ソルベンシー・マージン比率

損害保険会社の『支払能力』の指標のことをいいます。
損害保険会社通常の予測を超える巨大リスクの発生に対して
通常の準備金を超えて持っている支払余力の指標をあらわします。
通常、200%以上あれば、保険金等の支払能力は問題ないとされています。

出典 自動車保険・医療保険のソニー損保損害保険用語集について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android