ソンジョン(松汀)邑(読み)ソンジョン(英語表記)Songjǒng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソンジョン(松汀)〔邑〕
ソンジョン
Songjǒng

韓国,チョルラナム (全羅南) 道の北部にある町。チョンナム (全南) 平野の北部に位置する。クアンサン (光山) 郡の郡庁所在地。ホナム (湖南) 鉄道とキョンジョン (慶全) 鉄道の分岐点にあり,クアンジュ (光州) 直轄市の鉄道による門戸である。朝鮮戦争ののち軍事施設がおかれている。周辺ではダイコンの栽培が盛んで,ソウルへ大量に搬出するほか,イグサ薄荷油などの特産がある。人口5万 800 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android