コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソンムの戦 ソンムのたたかい

1件 の用語解説(ソンムの戦の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ソンムの戦【ソンムのたたかい】

第1次世界大戦中,西部戦線の膠着(こうちゃく)状態打開のため,英・仏軍が北仏のソンム川Somme一帯で独軍に対して行った最初の大反攻。1916年7月から11月まで続いたが,両軍ともに決定的成果なく終わった(死傷者は英・仏軍75万,独軍50万)。
→関連項目第1次世界大戦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のソンムの戦の言及

【戦車】より


[沿革]
 (1)第1次大戦時 近代的戦車が初めて戦場に姿を現したのは第1次大戦中の,1916年9月15日のことである。この日,イギリス軍のマークI型戦車がソンムの戦に使用され,戦況を左右するほどの成果は得られなかったが,ドイツ軍将兵に与えた心理的効果は絶大であったといわれている。翌17年11月のカンブレの戦では,同じくイギリス軍がマークIV型戦車を主とする数百両の戦車を集中的に使用して,ドイツ軍陣地を深さ約10kmにわたって突破するのに成功し,戦車は陣地線突破用の新兵器として注目されるようになった。…

※「ソンムの戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ソンムの戦の関連キーワード西部戦線異状なしダラディエレマルクロンメル膠着西部戦線世界大戦BIS(Bank for International Settlements)ゴー・フォー・ブローク全米教育センターカステルヌーヴォ=テデスコ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソンムの戦の関連情報