コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソンムの戦 ソンムのたたかい

百科事典マイペディアの解説

ソンムの戦【ソンムのたたかい】

第1次世界大戦中,西部戦線の膠着(こうちゃく)状態打開のため,英・仏軍が北仏のソンム川Somme一帯で独軍に対して行った最初の大反攻。1916年7月から11月まで続いたが,両軍ともに決定的成果なく終わった(死傷者は英・仏軍75万,独軍50万)。
→関連項目第1次世界大戦

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のソンムの戦の言及

【戦車】より


[沿革]
 (1)第1次大戦時 近代的戦車が初めて戦場に姿を現したのは第1次大戦中の,1916年9月15日のことである。この日,イギリス軍のマークI型戦車がソンムの戦に使用され,戦況を左右するほどの成果は得られなかったが,ドイツ軍将兵に与えた心理的効果は絶大であったといわれている。翌17年11月のカンブレの戦では,同じくイギリス軍がマークIV型戦車を主とする数百両の戦車を集中的に使用して,ドイツ軍陣地を深さ約10kmにわたって突破するのに成功し,戦車は陣地線突破用の新兵器として注目されるようになった。…

※「ソンムの戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ソンムの戦の関連キーワードヘイグ(Douglas Haig 1st Earl Haig)シーガー(Alan Seeger)第一次世界大戦史(年表)アラン シーガー第1次世界大戦ベルダンの戦い戦車[現代]マークI戦車D. ヘイグジョッフルソンム県戦車

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android