コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソーシャルネットワークサービス そーしゃるねっとわーくさーびす

4件 の用語解説(ソーシャルネットワークサービスの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ソーシャルネットワークサービス

ソーシャルネットワークサービスの略。広く情報を公開する一般的なウェブサイト/ウェブコミュニティーとは異なり、すでに加入している人が紹介すること(ソーシャルネットワーク=現実社会でのつながり)で参加できる限定的な会員のみに情報を公開するシステムを指すことが多い。そのため、自分の“知り合いのグループ"と、知人の“知り合いのグループ"というネットワークごしに新しい交流が生まれる(ケースもある)。米国では米グーグル(Google)社が2004年1月にサービス開始した“Orkut(オーカット)"、日本では(株)イー・マーキュリーが2004年3月にβ versionとして提供を始めた“mixi(ミクシィ)"などが先鞭を付け、その後もさまざまなテーマを持つSNSが立ち上がっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

ソーシャルネットワークサービス

互いが友人を紹介し合い、新たな友人関係を広げることを目的としたコミュニケーション・サービスのこと。基本的には会員制の掲示板・日記サービスだが、一般のウェブと違い、誰が自分の日記を見たのかが、明確にわかるのが特徴。また多くの場合、会員以外は閲覧することができない。そのため通常のウェブサイトより閉鎖的であるが、同じ趣味志向の人間同士が集まりやすいこと、迷惑行為が比較的起きにくいことから、利用者が増加している。国内の有力なサービスとしては「mixi(ミクシィ)」「GREE(グリー)」などがある。

(斎藤幾郎 ライター / 西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ソーシャルネットワーク‐サービス(social network service)

エス‐エヌ‐エス(SNS)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソーシャルネットワークサービスの関連キーワードソーシャルネットワーキングサービスソーシャルネットワーキングサイト社会的ネットワークソーシャルネットワーク琉球ネットワークサービス

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソーシャルネットワークサービスの関連情報